ブログ

PRパーソン

全ての事業主の可能性を広げる広報PR

PRは大企業のものだと思っている経営者、個人事業主の方々は少なくありません。プレスリリースについても、「マスメディアに手紙を書いて、取材、掲載、放送が決まるのはどうせ大企業だけ。私みたいな小さな個人商店は取り上げられるはずがない」と思っていませんか?実は、そうではないのです。

メディアに取り上げられるチャンスは誰にでもある!

私が地元の事業主さんたちとお話をしていて感じるのは、PR、広報は大手企業のもの。企業の新製品や取り組みが雑誌や新聞、テレビなどで取り上げられるのは、そもそもメディアがそれらの企業と繋がりがあり、黙っていてもメディア側から取材のオファーがくる。大企業以外にメディアは関心がない。本当にそうでしょうか?

大企業から新製品が発売されるという情報は、確かにメディアは必ず取り上げます。どのメディアでも扱う情報は取りこぼせないのです。でも、例えば新聞をよく読んでみてください。掲載されている記事は、全て大企業についてですか?そうではないはず。個人の取り組みや活動、アイデア、地域の施設や小さな企業についてなど様々な情報が掲載されているはずです。

メディアは大企業のものではありません。公正な情報を多くの人に届けるのがメディアの役割です。だからたとえ個人でも、小さな事業だとしてもメディアが取り上げない理由はないのです。

小さな記事でも掲載されれば連鎖がおきる可能性が!

かといって、個人の活動や商品が大企業と同じような方法で、大企業と同じくらい大きく取り上げられるかというと、そうではありませんね。掲載されたとしても、掲載されるページは一面ではないし、記事のスペースも小さいでしょう。それなら意味がないと思われますか?

メディアの記者は常に情報を探しています。小さな記事でもどこかに掲載されたということは、大きな実績。その記事を見た別の媒体の記者から取材の依頼がきて、その記事を読んだ別の記者からまた取材の依頼が~とメディア掲載の連鎖がくることもあります。

私は長年海外で取材ライターをしてきましたが、実際に、私が見つけ出した隠れた名店も一度掲載されたら、私以外のライターが書いたものがあっという間に溢れていきました。

大企業と同じやり方ではだめ

ただ、そのための小さな掲載を狙うにも大企業と同じやり方をしていたのでは、実を結びません。「良い商品を作れば必ず知られる」ということは、ひと昔前ならともかく誰でも情報が発信できる情報過多な今現在、埋もれてしまいます。

まずは、「私はこんな商品を作っています。こんな商品を作っているこういう人間がここにいます」と知ってもらわなくてはならないのです。そのためには、待っていてはだめ。こちらからアピールしなければ。アピールの方法は、メディアへのアプローチと、SNSでの自分からの発信の2通りがあります。

メディアへのアプローチと自らの発信でPR

「こんな商品を作っている者がここにいます」というメディアへのお知らせをプレスリリースといいます。ただ、本当にお知らせだけではよっぽど面白いことでない限り取材したいとは思わないでしょう。

だからプレスリリースにはプレスリリースのテクニックがあり、プロがいます。広告とは切り口が全く異なります。同時に自らも発信する必要性があります。あなたの商品、サービス、活動を誰よりも知っているのは、あなたなのですから。

関連記事

  1. 本の出版
  2. PR
  3. 取材
  4. ライティング
  5. 成功
  6. ダイソー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP