ブログ

パソコン

プレスリリースにファンタジーは必要?

プレスリリースとは、メディアの方々へのお手紙。「どこどこにこういう活動をしている人がいて、こんなふうに社会のお役に立てます」ということをお伝えするものです。そんなプレスリリースに、夢やファンタジーは必要でしょうか?

プレスリリースに大事なのは、タイトル

プレスリリースで最も大事なのはタイトルです。テレビ局、雑誌や新聞の編集室には1日何百枚ものプレスリリースが届きます。まさか1枚1枚丁寧に読まれることはありません。面白いか面白くないかは、タイトルで判断されます。広告やブログの記事も同様ですが、タイトルで惹きつけられなければ先は読まれません。タイトルは最初につけずに、最後に考え、付けてからしばらく寝かせて再度考えてみることをおすすめします。

誇張はNGプレスリリースのタイトル

プレスリリースのタイトルで、絶対にしてはならないのが、事実を誇張した言葉を入れること。世界初、日本初、第一位などもよっぽど確かな裏付けがない限り入れません。プレスリリースでは、広告と勘違いされるようなワードはNGなのです。

曖昧でぼんやりしたタイトルもNG

また、かっこいいけれど、何を伝えたいのかよく分からないクリエイティブなタイトルもNGです。プレスリリースは、事実を社会性に絡めて書くことが大事。タイトルはその集約です。分かりやすく事実を伝えることに集中してみてください。

どこで、誰が、いつ、何を、なぜ?

「どこで」「誰が」「いつ」「何を」そして、「なぜ」の部分は短く、象徴する単語を入れてタイトルをまとめます。プレスリリースは、読んだ人の想像力を膨らませるためのものではなく、事実を伝えるもの。誇張した表現を使うと怪しまれてしまいます。あなたの商品、サービスがどう社会に役立つのかを意識してタイトルを考えましょう。

関連記事

  1. ダイソー
  2. PRパーソン
  3. 西宮
  4. ライティング
  5. 成功
  6. 新聞
PAGE TOP