ブログ

にしのみや市民まつり

思い出の「にしのみや市民祭り」がオンライン開催!

西宮育ちの私は子どもの頃、両親に連れられて「にしのみや市民祭り」に行っていました。数年前から再び西宮に住むようになり、2018年にしばらくぶりに、今度は自分の子どもと一緒に「にしのみや市民祭り」へ。

歴史を感じた瞬間でした。

その後コロナで昨年は開催されませんでしたが、第46回となる2021年は、初めてオンラインで開催されました。

にしのみや市民祭りの歴史

「にしのみや市民祭り」が46回も続いていたとは知らず、街の大事なお祭りの歴史をちらっと探ってみました。

第1回目は、昭和48年9月1日に西宮神社で開催。

まだ暑いさなかに開催されたのですね~。私が生まれる前です。

第2回~7回までは、大体9月の初めか8月の下旬に、西宮神社で開催されています。

その後第8回、昭和55年から西宮球場で7月もしくは8月に開催されています。

私が両親と妹と訪れていたのはこの頃。催しのステージは球場内だったので、かなり大きなお祭りだと感じていました。

第19回 平成4年から西宮球場が西宮スタジアムと呼び名が変わり、第28回 平成14年まで西宮スタジアムで開催されました。

8万人以上が来場した年もあります。

第29回 平成15年は、西宮中央運動公園で開催。

第30回 平成16年~第44回 令和元年までは市役所周辺で開催されています。

昨年第45回は中止となり、今回第46回目はオンライン開催でした。

安田大サーカス 団長安田さんがMC

不思議なキャラクターみやたん

当日のMCは、松竹芸能の安田大サーカスの団長安田さんたちがMCを務め、盛り上げていました。団長安田さんは、西宮市の出身なのだそうです。

配信は、メインイベントとしてチアダンスやバトンなどの発表や音楽のライブ、人形劇の模様がオンラインで配信されました。

また、事前に参加者を募ったハロウィンフォトコンテスト、GPSアートコンテストの入賞作品の発表などもありました。

印象に残ったものといえば、みやたんの絵描き歌。ちょっとした隙間時間に、協賛会社の紹介とみやたんの絵描き歌がひたすら流れていました……。

来年は状況がよくなって、リアルで開催できるといいですね!

関連記事

  1. はさけるパン
  2. 大関外観
  3. 寿司
  4. たまごパン
  5. ベルン
  6. チーズケーキ最中
PAGE TOP