ブログ

メディア
  • PR

新聞や雑誌に掲載、テレビに出る方法は?

地元の小さなお店が新しい取り組みを始めたことが新聞に掲載されたり、レアなお店がテレビ番組でタレントに紹介されているのを見たことがあるかと思います。

「どうやったら、あんなふうにテレビに出られるんだろう?」「新聞社に知り合いがいるのかな?」などと感じられるかもしれません。

メディア掲載にコネは必要ない!

メディアに掲載されるためにはコネは必要なく、案外誰でもチャレンジできるものです。

「もしかしてすごく高い料金がかかるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、安心してください。無料です。

メディアは、掲載したいと思う記事は無料で掲載します。一方掲載する意味がないと思ったら広告料を求められます。

私はライティングのお仕事もしていますので、雑誌の記事を企画して持ち込んだことがありますが、記事にしていただけたこともあれば、「掲載される会社から広告料をもらってください。広告じゃないとできません」と言われたこともあります。

パターンとしては同じような企画だったのですが、雑誌によって嗜好も異なれば読者のニーズも違うのが難しい点だと思います。

企画が通って取材、掲載となる場合は、取材される会社、お店、商品などはもちろん無料で掲載されます。

メディアに掲載されるリスク

メディアに掲載されるメリットは、無料で多くの人に情報を届けられるという点ですが、実はリスクもあります。

メディアに取り上げられるリスクは、どのように掲載、放送されるかは、操作できないという点です。

いくらこのストーリーを紹介してほしいと思っても、メディアが視聴者にとって必要な情報ではないと思ったら、取り上げられることはないでしょう。メディアは限られたスペース、時間内で最大限に届けたい情報を届けることに注力しています。情報提供者側が届けてほしい情報と、メディアが届けたい情報は一致しない場合もあるのです。

もし、あまりフォーカスしたくない情報が流れたら後々マイナスになることがあるので、最初に隠す部分と出す部分をしっかり決めておくことが必要です。

その上で取材に挑めば間違った放送のされ方はしないと思います。

また、紙面やウェブでの掲載の場合は、事前に記事を確認できる場合もあります。ところがその場合も、記事を好きなように書き換えることはNGです。基本的には事実と異なる間違っている部分だけ、訂正依頼をすることができます。

記事を掲載していただけることになったら、メディアの担当者とはできるだけ良好な関係を築いておいたほうが、後々プラスになるでしょう。

関連記事

  1. PR
  2. メディア
  3. マイク
  4. 本
PAGE TOP